住宅ローンの借り換えを行うときは金利比較をしよう

住宅ローンの借り換えを行うときは金利比較をするのが一般的です。
我が家は家を建ててから約20年です、ローンものこりわずかになりました
ローンを開始はじめたときは、初めの10年はほとんど金利分を
払っているだけなんだとおもったときは途方にくれましたがそれでも
地道に払い続けてこれてよかったと思ってます。
そしてこの長い年月の
中で金利の見直しをした経験があります。
それは金利が変動なのか
固定なのかを銀行の方と話した経験があります。
金利が安いときは、固定のほうがいいにきまっているのですが経済が
安定しないときは一般的に変動になるようです、また我が家は親の代で
お付き合いのあった銀行から融資をうけていたのですが、その途中で
仕事関係でお世話になっている銀行から、家のローンの金利についての
打診がありました。
住宅ローン借り換え比較をして、どちらが金利がやすいか比較して自分の銀行の
ほうがお得だと思うから、借り変えてほしいと言われました。

とはいっても
住宅ローンは長い期間支払っていくことで、その間銀行との信用関係
なりたつものでもあるので、借り換えのときには相当考えたのですが
金利の比較をしたことと、借り変える銀行にしても信用が置けるのか
どうかきちんと考えたうえで借り換えをしました。
結果、金利は確実に安くなり、支払い額のわずかながら
減るようになったのでよかったです。
また、仕事がらみでお付き合いしている
銀行ですので、きちんと支払うことでより仕事での信頼してもらえるという
メリットもあり変えてよかったと思いました。

友人でも、家を購入している人がいるのですが、みなさん一度は借り換え
考えているようです。
それはこんな時代ですからより金利の安いところを
いつも探しているということです。
大きな買い物ですから金利も
大きな金額になるのは間違いないことですから、いつもチェックしていると
話しているご夫婦がいました。
この時代、なにが起こるかわからないので
家やマンションを購入することを躊躇するご家庭もとても増えているということですが
とても気持ちがわかります。
どんなに頑張って払っていても地震でなくなる可能性はゼロではないですから。
ですからできるだけ金利も安くしてほしいという以上に、災害時の補償や、
家がなくなってしまったときのことなど、政府としての保証がないと家を購入する人も減る一方かもしれません。
家を購入するときに金利の比較をするのが当たり前ですが、いまは、家を持つこともためらう時代になっているほうがとてもこわいです。